カジノで身銭を切ること

初回入金ボーナスは良い文化か

オンラインカジノに限った話ではありませんが、初回無料、初回半額などはよくあるプローモーションです。どのような取引でも実際に行ってみないとその価値はわからないですし、社会的に認められているモノが自分の価値観と必ずしも一致するとは限りません。

本当はきっちり身銭を切るべきなのですが

コストパフォーマンス、対費用効果といった観点から評価が左右されるのは致し方ないことです。特に近年はオンラインでもリアルな体験が求められ、リアルタイムでディーラーと対面で勝負でき、本場ランドカジノさながらの臨場感が味わえる新感覚のライブカジノも人気です。リアルな体験という意味では、投資するお金が少ないと価値を高く感じる心理が人間にはあることを理解した上で評価しないと後悔することになります。

模擬トレードで勝って自信は危ういが

文字通り入金せずに登録のみでもらえる、完全無料入金の入金不要ボーナスとは違い、入金額に応じたボーナスは、入金額が自分の財布から投資します。いわば海外旅行に行く時期が円高か円安かの違いに近いと考えられます。自己資金でできることの大小はあるものの、経験は確実に得られます。

無料と割安の壁は高い

カジノは確率に支配されていて、賭け方に有利不利はないという考え方もありますが、勝ち負けが出るのもまた事実です。カジノを知る必要がある以上、カジノ入金ボーナスは良い文化だと言えるでしょう。